太王四神記1~6

高句麗の人々は、約束された王を待っていた。国の祭祀を司る天地神堂は「昨夜、王が生まれた。我々が数千年もの間待ち望んでいたチュシンの王が生まれた」と公表する。一方同じ晩、闇の中で、二つの勢力が水面下の攻防を繰り広げていた。その晩に生まれた王の末裔は、ヨン家のホゲであると言われていた。しかし…。
 
何気なくレンタルに行ったら出てたので観てみました。
ヨン様は、今日は大阪にいるらしく知り合いが行くんだ~と大騒ぎしてましたが、ヨン様ファンでもないのでそういうのは無関心ながらCGがあり韓国と思えないような服装だったりで貴族がやっていたという競技もなかなかみどころ・・・
これからが楽しみかも?
広告
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。