Monthly Archives: 4月 2009

ほうれん草curry

今日は朝から雨
新緑の季節と変化してきてるので並木が勢いを増してる気がする。明石海峡大橋

明石海峡大橋

こちらは、橋が見える風景。
橋が無かった頃フェリーと汽船だけが行き来する手段だった。
たぶんその頃なら不通となっていたと思う。そんな今日のお天気でした。

今日は、会議があるので外でランチする予定にしていた。
クンダン(店名)の日替わりcurryの中から今日のcurryは、ほうれん草curryでした。

ほうれん草curry

見た感じ

 

ほうれん草curry

どんなお味なのか見当も付かないけれどちょっと冒険してみました。
中身は、ジャガイモがコロコロと入ってるのみ。後は、ふむって感じの食感のほうれん草curry。
そんなに辛くないやって思ったけどじんわりと襲ってくる辛さがありました。でもcurryっちゃぁ、こんなもんでしょうね。

なんやろう?
ナンを焼いてたインド人staffが持ってきてくれたものなんだけどカタコトで「カライ!」とだけ…
(゜o゜)「ん?ナンに付けるの?」と聞くとお皿を指差すのでそこにおいてみた。
いつもいらっしゃるインド人の若い人なら 何ですか?って聞いてみるところだけどほんとにカタコトしか言えない人みたいだった。
ナンに付けるってことだろうと思ったのでそうして食べた。赤い方は、じんわり辛い。中に野菜やマメらしきものが入っている。
左のグリーンのは、さっぱりわからないけど、少し酸味があった。どちらもなかなか美味しいのです。

IMG_2005

 

付けたところ

私の中では先日のキーマcurryも美味しいって思ったのだけどこちらのほうれん草curryもすごく良い感じ。
自分で選ぶのも良いけど こうした日替わりに頂くのも良いかもしれない。^^
780円の日替わりランチcurryでした。結構curryも楽しめますね。

切手

 

今日職場に届いていた切手。
この一枚でお祝いの手紙というのが映えるな~と思った。
いろんな切手が出てるけど 寿の切手を初めてみた。
お祝い事にはこういう切手使ってみたいです。

広告

明石あれこれ(薬師院、ムーミンパパ、魚の棚)

19日は主人が 牡丹で有名と聞いてきた明石のお寺に行った。薬師院というところでした。

薬師院 薬師院入り口

別名ぼたん寺と呼ばれる明石市の薬師院は、行基が錫杖を地に突き立てると霊水がわき出し、その中から薬師如来の尊像を得たため、薬師院を創建し尊像を祀ったのが始まりと言われています。薬師院はぼたん寺とも呼ばれるほどの牡丹の名所で、4月下旬には樹齢が140年を越えると言われる牡丹が赤、白、ピンク、紫など色とりどりの花を咲かせ観光客の目を楽しませています。薬師院での牡丹の栽培は約300年前に20株ほどが植えられたのが始まりで、その後も数を増やし、現在では50種2千株以上の牡丹が植えられています。毎年最初に花をつけるのは、約140年前に植栽された薬師院で一番古い牡丹が最初に花をつけるのだそうです。http://kobe-mari.maxs.jp/akashi/yakushiin.htm

ぼたん1 ぼたん2
ぼたん3 ぼたん4

行った感想としては、たぶん二度と行かない。協力として350円取られるのだけど牡丹で有名って言っても狭い境内に乱雑に牡丹があるだけでマーガレットもあるし、ホームセンターに行った気分でした。sita 日本式の庭園でもなく日よけにビーチパラソルが使われてたり私に言わせたら「はぁ~??」と言うしかないようなお寺でした。これは主人も同じ意見。こんなところもあるんですね~。ちょっと他の人にお勧めはしないお寺でした。

ムーミンパパ 店内

その帰り ひさしぶりに海辺の喫茶店に寄った。これも昔からあるお店なんだけど海が一望できる。海岸には、サーファーが居た。

向こうに見えるは淡路島 海水浴場
この喫茶店の面白いところは女性トイレなのです。
女性トイレ
女性トイレ2 女性トイレ3
女性トイレの中は、一面水槽になっています。知らずに入ったら驚くんですよね。これは、もう20年以上前からこんな感じ。娘たちが小さな頃は驚かせるのに連れてきたな~なんて思い出しながらトイレを撮影した。^^

その後 魚の棚に行った。

大漁旗 昼網
端から端まで歩いて、メイタガレイを買った。立ち飲みやさんで主人が生ビールを呑んだ。暑かったからおいしそうだった。立ち飲みやさんに行くってこともないし結構面白いところだった。呑める人がうらやましい。酒屋さんの奥が隠れ家のように立ち飲みやさんになっているのです。が女性も多い。居酒屋みたいだった。ちょこっとデートした日でした。

西宮神社

18日 高速道路を下りるとすぐに西宮神社があった。
気になってたので帰りに寄ってみた。
西宮神社

西宮神社(にしのみやじんじゃ)は、兵庫県西宮市にある神社である。
日本に約3500社ある、えびす神社の総本社である。
地元では「西宮のえべっさん」と呼ばれる。 『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ここが1月10日に福男争そいで走ってるところ??
 
西宮神社1

 

西宮神社2

狛犬親子??

 

この門から走る!
西宮神社3
藤の花

 

西宮神社4
亀
TVで見るだけの場所だったのでここなのかな~なんて思いながら散策。
社務所が妙に広いと思ったら考えたら福娘が並ぶから?
屋台も何も無いので そう広くも無い境内が一杯になるんだな~と想像するとすごいですね。
娘は東京かその辺りのことと思っていたらしい。
今宮戎も行った事ないな~。

創建時期は不明であるが、平安時代には「えびす社」として当地で既に篤く信仰されていたことが記録に残っている。

西宮神社は、その成立において「南宮社」との関わりが深い。これは市内中部の、廣田神社を本宮と見て、その南に成立する廣田神社の摂社であった南宮神社から戎信仰が興ったとの説からである。廣田神社を篤く信仰する神祇伯の白川伯王家との関係から、たびたびその参詣を受けていた。また、梁塵秘抄には、諏訪大社南宮大社敢国神社と共に、廣田神社の末社が南宮として記載されている。現在も、祭神を豊玉姫として廣田神社摂社・南宮神社が西宮神社境内に鎮座する。なお、「西宮」という名称の起こりにつては諸説あるが、えびす神を最初におまつりしていたと伝えられる鳴尾や古代の先進地域である津門から見て「西の方の宮」という説や京都から見て貴族の崇敬篤き廣田神社を含む神社群を指して「西宮」と称していたが、戎神信仰の隆盛と共に戎社を「西宮」と限定して呼ぶようになったという説などが有力。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 
IMG_1937

 

境内みて何かでみたことあるな~と思ってたのが、この写真で判明。
そう!阪神の必勝祈願でした。

主人がそれは廣田神社だと言ったのだけど廣田神社が本宮なら納得。
今年はどうなんでしょうね?

西宮戎

西宮戎
 

チーズケーキ

 

ジンジャエール

  

coffee

 

ティラミス

喉が渇いたのでモスでお茶した。スティックタイプのケーキとのセットでした。

清荒神清澄寺

18日こちらもまた初めての清荒神清澄寺へ

清荒神清澄寺
よく知り合いが「行ってきた」といって固焼きのお煎餅を土産にもらった記憶がある。
が一度も来たことがなかった。ご利益がありそうなところですね~

清荒神清澄寺(きよしこうじん せいちょうじ)は、兵庫県宝塚市にある真言三宝宗の寺院(大本山)。
摂津国八十八箇所第72番。896年寛平8年)に宇多天皇勅願寺として静観僧正により建てられた。本尊は大日如来
鎮守社として三宝荒神社があり、竃の神の荒神などを祀る神仏習合から「清荒神清澄寺」の名称がある。本尊は大日如来で、国の重要文化財に指定されている。山内には画家富岡鉄斎の作品を集めた鉄斎美術館が1975年に設立された。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 
IMG_1858

 

IMG_1860

ちょっと嬉しいのは駐車場無料。京都などで結構高い駐車代を支払うので無料は嬉しい。
参道は屋台が沢山あるが今日はそんなに開いてなかった。でもこういう雰囲気好きです。
こちらのためにバスの運行もされてるようなのでかなりの人が参拝されるんでしょうね。
私はまったく信仰心が無いので ふらりと見学です。

上がるとお稲荷さんへ

 

お稲荷さん
階段を上がるとお稲荷さんがある。狐様居そう。^^
この辺りはいのししなんかも出るところだと娘が言ってたけど カラスが食べ物を狙ってるようです。
この辺りってもしかしてイノシシも出るのかしら?

IMG_1874

 
IMG_1868

 

IMG_1869
旗をあげるポールみたいだったけど先がすてき。
IMG_1879
ひとつだけ願いを聞いてくれるみたい。それならばとお願い事をした。水をひしゃくで掛けるのだけど上手く掛からなかった。
私の願いは家内安全 それだけ。一生懸命違う像をなでてお参りしている人もいた。ぼけ封じみたい。

 庭

清荒神清澄寺は平安時代の初め、宇多天皇の創意による理想の鎮護国家、すなわち諸国との善隣友好を深め戦争のない平和社会、万民豊楽の世界を開く勅願寺の一つとして創建されました。天皇は讃岐国の名工、定円法眼に命じて曼陀華の香木で本尊大日如来像を刻ませ、寛平八年(896)に、叡山の高僧静観僧正を迎え、開山の祖としました。
まず、伊勢内宮、外宮など十五神を勧請し鎮守神として三宝荒神社を祀り、蓬莱山七嶺七渓に荘厳な伽藍を造営し、天皇より「日本第一清荒神」の称号を与えられ栄えました。およそ三百年の後、源平の兵火により灰燼に帰しましたが、勅命により建久四年(1193)源頼朝によって再興されました。それよりまた四百年の後の伊丹合戦で再び炎上しましたが、火の神、火防の神として霊験あらたかな荒神社のみは、いづれも難を免れています。(HPより)

ゆず

 

しょうが

屋台でゆずとしょうがを買った。どちらも美味しい。おばさんが、のど飴も味見にくれた。
こういう屋台見るのが楽しくて好きです。
ここで驚いたのは娘が大日如来や曼荼羅について説明してくれたこと。こんな事知ってたの?と思った。
京都ほどの混雑がなくて 充分楽しめたところでした。

清荒神清澄寺
清荒神清澄寺

 

 

宝塚というところ

橋の上から

 

宝塚音楽学校 

阪神競馬場

 

手塚治虫記念館

見かけただけでも宝塚音楽学校、手塚治虫記念館、阪神競馬場などがあった。
宝塚音楽学校ってこんな駅の傍にあったのね~。
阪神競馬場 競馬場って綺麗らしいから覗いてみたい。
手塚治虫記念館は前に行った事がある。楽しめそうな町ですね。
道路の並木がはなみずきだった。

はなみずき

門戸厄神松泰山東光寺

18日キャンパスを出た後、近くを散策することにした。
門戸厄神が近いので行ってみた。ナビコ(カーナビ)では、なんと2分と表示されこんなに近かったのかと思った。知らなかった~
 門戸厄神

門戸厄神東光寺(もんどやくじん とうこうじ)は兵庫県西宮市門戸西町にある寺。高野山真言宗別格本山。正式名は松泰山東光寺。「西国薬師霊場第20番」「西国愛染17霊場第2番」「摂津国八十八箇所第76番」

あらゆる災厄を打ち払うという厄神明王(門戸厄神)が有名で、厄年にあたる年齢の人が厄払いをするほか、十三詣(じゅうさんまいり)といい、数えで13歳の子どもが厄除けと学業成就を願って虚空蔵菩薩に詣でる。初宮参り、交通安全祈願、護摩祈祷、人形供養も受け付ける。

毎年1月1819日に厄除大祭が、2月3日に星祭が行なわれる。特に厄除大祭では数多くの屋台が出店され、何万人もの参拝者で賑わいを見せる   『ウィキペディア(Wikipedia)』より

門戸厄神1

 

門戸厄神2

門戸厄神3

 

門戸厄神4
名前だけは知っていてまだ行った事が無い場所だったのです。静かで細い坂道が続く参道を行くと男性は42段の階段を歩いて上がっていくようになっています。これも知り合いに話を聞いていて、階段の横には一円玉を入れる籠が置かれていました。
一段一段厄落としをして歩くということらしいのですが、これなのね…と聞いてたことを確かめるように階段を上がりました。
次は女性の33段の階段がありました。毎年沢山の人が訪れるのでししょうが、こんな立派な厄神様だったのですね~^^
自分の厄年はどうだったのかというと父が前厄に亡くなったりその年は兄弟が両方とも骨折。
私はすべての厄を車が受けてくれて新車にして事故に遭い 相手がすべて直してくれたものの 信号待ちでもバイクが飛び込んできたり大変な年でした。母が厄払いにと身につけるものとしてネックレスをプレゼントしてくれた。
我が家の娘たちの19の厄払いにも私はネックレスをプレゼントした。こちらでは、七色のもの(昔なら帯締め、帯揚げ)がよく使われ、こうしたお寺では厄除け火箸を持ち帰るようにきいている。すべてのところでそういう風なのかは知らない。

嵯峨天皇の41歳の厄年にあたる天長6年(829年)、空海(弘法大師)により厄除祈願が行われた。その際嵯峨天皇は愛染明王不動明王が一体となって厄神明王となりあらゆる厄を打ち払うという霊感を得、空海に祈願を命じた。 空海は愛染明王と不動明王が一体となった厄神明王像(両頭愛染明王像)を三体刻み、高野山の天野社、山城の石清水八幡宮、門戸東光寺へそれぞれ国家安泰、皇家安泰、国民安泰を願って勧請したが、現在残っているのは東光寺のもののみであるという。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より

門戸厄神5
ここで今年初めてのこいのぼりを見ました。
私が、厄年なわけじゃなくて家族もそういう年周りでもなくて 日柄もなんでもない日だったのでそんなに混雑もなくてじっくり見てくることが出来ました。最近お寺を見て来る事が多いのだけど 駐車料金が必要でもなくて お賽銭程度で済んだのってひさしぶりじゃないかしら?!
穏やかな日で気持ちも穏やかにお参りできました。19日なら春季厄除祭が行われるところだったみたい。
厄除け饅頭がほしかったと娘が後でぽつっと…また行こうね!

【門戸厄神】 松泰山 東光寺
【門戸厄神】 松泰山 東光寺

三田屋本店 関学店

今日はすごく良い天気だった。
しかし午前中は仕事。しかも職場のトイレが詰まっていて修理の人が朝から1時間近くパイプ掃除に掛かっていた。
詰まっていたのは市の管轄になるパイプらしかったのだけど 待てる場合じゃない。有料となるようだが直してもらってすっきりした。

仕事が終わって、娘と待ち合わせ。
今日のランチは 大学にある三田屋に行くことになっていた。

三田屋  食券販売機 店内 

学食の上にあたるところに三田屋があります。入ってすぐの販売機で食券を購入するようになっているのです。

三田屋ステーキ焼いたところ

ステーキランチ   持ってきたステーキ

持ってくるのが早いので5分もしないうちに頂くことが出来ました。
3時がラストオーダーだと聞いてたので2時に到着。余裕で間に合いました^^
このランチが1000円なのですが、本店で頂くようにサラダの中身がいろいろあるわけじゃなくキャベツの千切りのみ。
コンソメスープの中身も無し。もちろん生ハムも無し。そうそうおいしかった梅干も無い。
しかし、お肉は負けないくらい美味しくてこれで1000円なのですごく満足。
炊きたてのようなご飯も美味しいのです。これだけでもご馳走。
写真を撮ってると娘が、「撮ってないで早く焼きぃや~!」って言った(笑)確かに焼かないとあかん。
去年から一度も来てないから1年ぶりの三田屋○学店となりました。
店内には、家族連れのお客様もいらっしゃいました。娘が過ごしているキャンパスを親子で歩いて
ちょっとそんな事が嬉しいと感じる日でした。2時までお昼が遅れたから全部平らげてお腹パンパン(笑)
すっごく満足や^^

学内1 学内2  
学内3 学内4  
三田屋
三田屋
カニシャボテン
我が家の植木鉢にカニシャボテンが咲いていた。いつもならとっくに花が終わってる時期なんだけどな~。

菊菜も…花

今日は 帰ってきてすぐに樫の木の落ち葉を掃除した。

写真を撮っていて気付くと菊菜に花がsita (左上)
春なら成長が早くて食べられるのかと思ってたのに単なる花になってしまっていた。
どんな花が咲くのかな~?菊菜なんだから菊だよね?何色なんだろう?

きくな

フリージア

 

おだまきと鳴子ゆり

おだまき

 
気が付くと樫の木の足元に鳴子ゆりが咲いていた。もうこんな季節になったんだな~と思った。
オダマキは鳴子ゆりの鉢の中にも進入している。

鳴子ゆり 

レイプドゥシャフのシュークリーム

 

ポトフ
今日の頂き物 
レイプドゥシャフのシュークリーム。右は頂いた春きゃべつでポトフを作った。

仕事中 ちと違うと思ったもの。
最後のフレーズは違わないか??『無くしてわかる有り難さ、親と健康とセロテープ』

セロテープ 

爆笑!王蟲(オーム)ライス

今日 ネットでひとり爆笑するものを見つけた。yahooのトップページに乗ってたのだけど…(真ん中の写真)

王蟲(オーム)ライスというもの(笑)だった。ジプリの「風の谷のナウシカ」を観られた方ならわかりますよね^^
と娘が「我が家は巨神兵作ろうよ!」と言う。「え~っ?」って思ったが実際に作ってる写真があった。それは漫画本の話。
ストーリー的には、大切な人のために作るケーキが失敗して巨神兵になってしまったというもの。
確かにドロドロにしてキバらしきものがあったら巨神兵には見えるかもね~。
いろんなものがありますね~^^

作るとしたら左の怒ってるオウムそっくりのオームライスが良いかも?!(笑)
それぞれクリックしたらそのページにリンクしてますから覗いてみてください。

オウム

オームライス

オームレツサンド
今日は 春らしいお天気だったけど眠くて仕方なかった。疲れてるのかな~?何もしないのにね。
 
かしわ餅

 

わらび餅

左柏餅は本日の頂き物。右ワラビ餅は美味しそうなのでつい(^^)v
先日の結婚式の引き出物カタログから紅茶ポットを頼んだのが届いた。
これでアールグレーを飲む幸せ。ふふっ。

アールグレーの紅茶

PCの上

16日haku

hakuのおやつ

こちらは本日のhaku。朝食のパンくずが気になるみたい。

カメラ目線のhaku さくら飯

15日haku

今日は昨日と違って良い天気^^朝忙しいけどhakuを出して遊んでいる。
足元後ろにあるのは『たらこ』のスヌーピーストラップ。ペプシのおまけ。

さくら飯

先日食べた さくら飯 をまねしてみた。 記事はこちら
海老の乾燥したもの1袋と三つ葉使用。3合を炊き上げて 弁当へ。出来ればもち米を少し入れたいと思ってたのだけど
スーパーで日頃お米を買わないのである場所がわからなかった。(笑)海老の色で桜色に見えるのです。
三つ葉の香りがしてなかなかでした。

都忘れ

 

いちご大福

プランターの中は、都忘れ。濃い紫がほしいです。右は今日の頂き物、いちご大福
下は、ちょっと垂れ下がってきたネモフィラです。
昨日は母の日が近いことに気付き、ネットでお菓子を注文したのだけど
ピンと来るものがない。面白いものないかな~なんて思っている。
まだ実家の母には、何を送ろうか決めていない。

ネモフィラ

花をもとめて

5月の準備
ちょっとみつけた可愛いもの。こんな風にしたらこどもの日が楽しくなりそう。
花屋さんでみつけました。こういう可愛い飾り良いですね^^

おだまき

 

バンマツリ

 

我が家の庭では、植えてもいない植木鉢にいつのまにか飛んでいておだまきが陣取ってます。あちこち飛んで花咲かせるのでおどろき。
右側は、主人が好きなカオリバンマツリ(ニオイバンマツリ)。商品名には、バンマツリとだけ書かれていた。良い香りと七変化する花が楽しめます。知り合いにあげたいらしくて5つ購入。我が家のはもう少ししたら咲く。

13日の頂き物
よく重なるって言うけど 朝から3つ頂き物をした。

吉野葛餅

みかん

鼓月

奈良吉野の土産
葛餅

みかん

京都のお土産 
鼓月の一口羊羹
本日のhaku
14日haku
ドアノブの上
ドアノブの上に止まって開けてくれるのを待っています^^
 
sakura
雨今日は9日ぶりの雨で 墓苑の花びらが絨毯のように落ちていました。
時折通るだけで ふと気付くとこんな案内もありました。
これだけの野鳥を観ることが出来るようです。
野鳥
車

帰り自分の車に乗ろうと思ったら花びらで大変なことになっていた。
職場の庭にある櫻が一気に落ちて 花びらが車にひっついていた。
 
フロントガラスも大変。ドアを開けると車の中にも入ってきた。
自宅の樫の木の葉も落ちて これも大変なことになっていた。