Monthly Archives: 4月 2010

ツナマヨネーズのホットサンド

26日は居場所無く外食でランチにした。

 

このツナ 恐らく1缶全部入ってると思う^^
お値段はというと525円 これでこのお値段はちょっと無いな~ 嬉しいランチです。


abendの眼鏡と携帯と一緒に・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

今日はとても良い天気。仕事しているのが勿体無いように思った。
明日半日頑張ったら私も連休となる。

書き残し

 
岡山で撮影した櫻です。もう終わりが近いようでしたが、綺麗でした。

吹屋ふるさと村

吹屋は中国地方の銅山町で、江戸時代は天領地となりました。もっとも栄えた時代は江戸元禄時代泉屋(のちの住友)が請負った、地元大塚氏が請負う幕末までの100年間明治6年より岩崎弥太郎氏(のち三菱)による近代技術を馳駆した水力発電による選鉱・精錬で、日本3財閥のうち住友、三菱の2財閥が吹屋銅山でその基礎が確立されたことは注目されました。

吹屋の特産物である弁柄は、銅鉱石の副産物として産出される磁硫鉄鉱石を原料としており品質、純度が他に比較し極めて良質のため九谷焼、有田焼などの陶磁器の赤絵、能登、輪島塗りなどの漆器、家屋、船舶の防腐剤として各方面にさかんに使用されました。この弁柄は吹屋に工業商業を発達させた全国で1か所の生産販売の弁柄商人の町として町並みが形成され莫大な利益により現在の弁柄格子、入母屋造りの豪壮たる商家群が形成されました。

通りがかっただけなのですが、お洒落なというか粋な作りの町並みです。
ちょっと遊郭っぽい感じをベンガラが感じさせる 良い感じのところでした。車中から撮影。
次はじっくりと見てみたい。

29日やっと『八つ墓村』渥美清主演を見ましたらこのふるさと村でも撮影されてたようです。
そして鍾乳洞など ロケされた場所が・・・
このふるさと村の邸宅の中には、『釣りバカ』に使われたロケ地があるようです。
次の楽しみにしたいですね。

28日はY娘が帰ってきたので 大好きなうどんを夕飯にしました。
ふたりで1000円要らないなんて嬉しい夕飯。

後楽園と岡山城


ちょっと寄り道した岡山城と後楽園です。
後楽園って有名なのに行った事無かったんです。

後楽園(こうらくえん)は岡山県岡山市北区後楽園1-5にある日本庭園(大名庭園)で日本三名園のひとつである。
江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より

園内は和服姿の人が多くて どうしてかな~と思っていたらお茶会があちこちで催されていた。
「あっ、藤やっ」と私が言ったら主人が大笑い「枝垂れ桜やないか~」と言われた。
眼鏡をしてなかったからそんなもんですね(笑)

こちらは正真正銘 藤ですが、ちらほら咲いていました。


岡山城にも入りましたがはっきり言って入らなくても良い感じ。
エレベーターで上がって見ましたが、そんなにすごいものは無かった。

 

お天気が良くて眺めもなかなか。

こちらは流店(りゅうてん)。中央に水路を通し、中に美しい色の石を配した全国でも珍しい建物。
藩主の庭廻りの時に休憩所として使われたそうです。

 

茶店で頂いた白桃アイス。そしてお昼は適当にうどん^^


後楽園の中に蓮華畑がありました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

桃太郎さん~吉備津神社へ

牡丹園にて牡丹の花

25日 吉備津神社へ
主人が通り掛りに 「立派な社が見えたから行ってみよう!」と…

吉備津神社

吉備津神社は岡山県岡山市にあり、大吉備津彦大神を主祭神とする山陽道屈指の大社です。
 大吉備津彦大神は、記紀によれば、崇神朝四道将軍の随一として、この地方の賊徒を平定して平和と秩序を築き、今日の吉備文化の基礎を造られたとされています。古来より、吉備国開拓の大祖神として尊崇され、吾国唯一の様式にして日本建築の傑作「吉備津造り(比翼入母屋造)」の勇壮な社殿、釜の鳴る音で吉凶を占う鳴釜の神事、また桃太郎伝説のモデルなどで知られています。

http://kibitujinja.com/index.htmlより

 

回廊も立派。こちらで初めて弓の試合をしているのを観た。

 

牡丹が咲き始めていた。

 
岡山にも立派なところがありますね~なんて言うと岡山県の人に叱られそうですが、
通りがかりに得した気分でした。とても立派で参拝する人も多くあとでなるほど~と思った(笑)

遠い昔、異国から吉備国に空をとんで百済の皇子で名を温羅(うら)という、
目は光り、髪は赤く、大男で腕力は人並みはずれで、凶悪なモノがきたのだそうで
新山に城を築 き、船や婦女子を襲っていたために人々はこの居城を「鬼の城」と呼び
恐れおののいていたそうです
そこで都の朝廷が名のある武将を遣わして討伐しよ うと、最後に派遣されたのが
五十狭芹彦命…のちの吉備津彦命(きびつひこのみこと)

 
帰ってきて娘に話したら娘の方が詳しく知っていた。(驚)
桃太郎伝説はいろんな場所にあるけど 私的には昔からココです。
空を泳ぐ鯉幟がとても綺麗でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

八つ墓村のロケ地へ~広兼邸

広兼邸 

広兼氏は大野呂の庄屋で、同家二代目元治が享和・文化のころ小泉銅山とローハ(ベンガラの原料)製造を営み巨大な富を築き、徳川末期に建てられた主屋・楼門、城郭にまがうばかりの石垣は、今もそのままに当時の富豪を偲ばせています。
映画「八つ墓村」のロケが行われ全国に放映されました。
1810年の建築。
(成羽町吹屋観光協会発行パンフより)

玄関(門番部屋辺り)

灯篭   部屋

25日は、主人とお出掛け。
八つ墓村のロケ地 広兼邸を一度訪れたいと思っていました。
小さな頃に見た NHKのドラマがインパクトあるものでその印象がずっとあったんです。
その後も八つ墓村は映画にもドラマにもなっている。
水琴窟
こちらは水琴窟

部屋2
立派な部屋の中

部屋3

雛人形   蔵

季節ではないけれど お雛様が飾られていました。右は蔵。ベンガラの風情があります。
ベンガラってよくわからなかったのだけどこの蔵の壁が橙赤色になっているのがわかるでしょうか!?
着色力・隠蔽力が大きく、耐熱性・耐水性・耐光性・耐酸性・耐アルカリ性のいずれにも優れているらしいです。
台所 

下女の部屋   水くみ場

台所辺りもかなり立派。
お城のような建物が個人の家だったなんてすごいな~。

「祟りじゃ~っ!」という台詞が 頻繁に流れたCMもあったのに今日もう一度観ようと思ってレンタルに行ったら
「ビデオではあったんですが、DVDでは取り扱いしていません」と言われた。
無いと言われると余計に観たいと思ってしまう。どんな風にこの広兼邸が映っていたのか観たい。
観たいと思っていた邸宅にいるのでひとりテンション上がりっぱなしでした。

広兼邸2
しかしこの邸宅まで我が家からは、3時間弱の道のり。結構遠かったです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
29日にDVDで確認。
入り口あたりが毎回良い感じで出てくる。見てきてすぐだからよくわかったわ。

天丼

 
とにかく寒い事務所なので23日も丼物とうどんのセットにした。
車の中でヒーターで暖まりたいとも思ったんだけど丼の気分だった。
うどんの鉢にひっついてるわかめ 気になるわ(ーー;) 辛口ですみません。

 

天丼好きです^^

天ぷらが続いてますが、海老・れんこん・おくら・海苔の天ぷらでした。
4月だというのに曇り空で寒いです。明日はお天気が良さそうだけど、気温は、どうなんだろう?

 

頂き物ばかりでおやつとなりました。
みたらし団子にはお茶やろうって突っ込みたいですが、ラテで頂きました。
へんな組み合わせですが、まぁ それなりに…(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

 
24日の主人が頂いたお土産 柿の葉寿司です。

今日のお出掛け記事は次の日ということで・・・ちょっと疲れました。

じょっぱり亭 かに・ホタテラーメン

24日は、半日仕事。
帰りは娘と待ち合わせして夏の北海道展に行ってきた。
じょっぱり亭

 醤油ラーメン
私は醤油ラーメン

塩ラーメン

K娘は、塩ラーメン。
限定30食の最後の2つだったようです。

麺はこんな感じ!

麺の具合はこんな感じ。しこしこして美味しいです。
北海道産小麦100%使用の麺らしいです。
物産展は はずれなしですね。とても満足でした。
白い部分の葱だけが使われてるところは、こちらとちょっと違うところですね。
ほたてやカニを頂くことになるとは思ってもみなかったことでした。

花畑牧場のアイス   ホルスタインのクッキー

花畑牧場も出店してたのでまたまたアイスを頂いた。
そしてK娘がバイト先の人が辞めるので餞別に買ったクッキー。
ホルスタインの形してます^^

24日の明石海峡大橋。

明石海峡大橋
4月というのに風邪が強くて肌寒いです。
車窓から撮影。
本日はSDカードを入れ忘れ、昼食前に買い求めましたが、4Gを購入。安くなりましたね~(驚)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

釜揚げうどん

 釜揚げうどん
21日も会議があるので外食。
いると入ってくる人に気遣いもするし落ち着かないので今週は全滅。すべて外食となる。
この日も寒くて 釜揚げうどんにした。このうどんは、280円。嬉しい値段ですね。
出汁も生姜とごま・葱を合わせていただくので美味しい。

ねぎとしょうが・ゴマを入れて 
たまごの天ぷらは無い。
揚がってなかったんですよね。
だからサツマイモの天ぷらにした。

 
庭ではフリージアが咲いていた。

フリージアの黄色


今日見つけた かたつむり
こんな風に寒い中 生きてるようだ。

かたつむり

本日のカード
建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

 建速須佐之男命

『古事記』によれば、神産みにおいてイザナギが黄泉の国から帰還し、日向橘小門阿波岐原(ひむかのたちばなのをどのあはきはら)で禊を行った際、鼻を濯いだ時に産まれたとする。
『日本書紀』ではイザナギとイザナミの間に産まれたとしている。
スサノオの性格は多面的である。
母の国へ行きたいと言って泣き叫ぶ子供のような一面があるかと思えば、高天原では凶暴な一面を見せる。
出雲へ降りると一転して貴種流離譚の英雄的な性格となる。
ヤマタノオロチ退治の英雄譚は優秀な産鉄民を平定した象徴と見る説も根強く、天叢雲剣の取得はその象徴であるとの解釈も多い。
しかし、日本初の和歌を詠んだり、木の用途を定めたりなど文化英雄的な側面もある。
これは、多数の神が習合してスサノオという神格が創造されたためとする説もあるが、スサノオが成長するにつれて見せる側面であるとする説もある。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より

建速須佐之男命は二面性を持つ謎に満ちた神です。
高天原を荒らして、姉の天照大神を怒らせるワイルドな面と、八岐大蛇を退治し、
人のために役立つ英雄の面を合わせもっているのです。
いずれにせよ、成長と変化を促す、強烈なエネルギーの持ち主です。
仕事の面では中途半端なところがあれば改善しましょう。
文と武、頭と心と行動の調和とバランスを意識しましょう。

仕事の面(笑)気をつけます。
ちなみに昨日の我が家のK娘『部屋を片付けましょう。最低3つは捨てましょう』的なカードを引いた。
これには少々笑えた^^

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

日替わり

今週は、会議が多くて 私が食事できる場所が無い。
外に出てランチという事になってしまう。

日替わりのハンバーグ
21日は何も考えて無くて何となくハンバーグを注文した。
理由は日替わりランチだったから…ハンバーグも自分の気に入ったハンバーグでも無かった。
キャベツが高いというけどしっかり付け合せになっている。

ガーリックトースト
ハンバーグとガーリックトーストのセット。
珍しく肉類をランチに選ぶのはほとんど無いので自分でもこれを注文したのが不思議だった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

本日のhaku

 haku アップ
なかなかじっとしないhakuです。
haku
私のノートの上に止まっています。


そして本日のカード

天之常立神
天之常立神(あめのとこたちのかみ)

◆この神様の神格・神徳
高天原の守護神といわれています。
産業開発、五穀豊穣など

◆この神様が祀られている全国の主な神社
出雲大社[島根県簸川郡大社町]
駒形神社[岩手県水沢市中上野町]

天之常立神(あめのとこたちのかみ)は、天(=高天原)が確固として永遠に続くことを象徴する神様です。
宇宙の中に現れた高天原という空間を、しっかり形として固定したのです。
最初に根源神が現れた高天原は一時的な現象であったが、それに恒久性を与えて多くの神様が住む、永久不変の空間として確定させたことになります。

基本的な位置づけでは、天之常立神(あめのとこたちのかみ)は国之常立神(くにのとこたちのかみ)と、「天」と「地」で対応しています。
元々二神一対で登場した神様ではなく、国土に関係する国之常立神(くにのとこたちのかみ)の方が古くから信仰されてきた神様で、天之常立神(あめのとこたちのかみ)は国之常立神(くにのとこたちのかみ)に対応する神様として創造されてできたのではないかと考えられています。
http://shima-jinjya.kazumino.net/2007/05/post_20.html

やってみたいけれどまだ始めていないことをやってみましょう。
クリエイティブな活動は、力強いエネルギーを引き寄せます。

今年は、何か始めようと思ってたところ。ちょっと頑張ってみようかな~^^

今日職場には、かもめーるの案内が来ていた。ポケモンのかもめーるもあったりで工夫されてますね。
ただ寒いしまだ4月だからピンと来ないです。

かもめーる

有り合せ

夕飯が思い浮かばなくて自宅にある材料をあれこれ考えてるとよせ鍋になった。

よせ鍋
この後 うどんを入れてみんなで頂いた。出汁まで楽しめて洗物が少ないのは良いな~^^
今年は4月になっても寒い日が多いので 鍋の気分になることが多かった。


20日 五色塚古墳は 小学校の生徒さんが沢山訪れていた。
お天気はいまいちだったけど 郊外学習なんでしょうね。

 

 その後、垂水駅近くへ移動。
昨年も駅近くのこの道を通った時 桜草の香りがしていたのを思い出した。
両脇に桜草が植えられています。桜草がお好きなんでしょうね^^

 
本日のhaku

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

本日のカード

 
大国主神

『日本書紀』本文によるとスサノオの息子。また『古事記』、『日本書紀』の一書や『新撰姓氏録』によると、スサノオの六世の孫、また『日本書紀』の別の一書には七世の孫などとされている。スサノオの後にスクナビコナと協力して天下を経営し、禁厭(まじない)、医薬などの道を教え、葦原中国の国作りを完成させる。国土を天孫ニニギに譲って杵築(きづき)の地に隠退、後に出雲大社の祭神となる。因幡の白兎の話、根の国訪問の話、ヌナカワヒメへの妻問いの話が『古事記』に、国作り、国譲り等の神話が『古事記』・『日本書紀』に記載されている。『出雲国風土記』においても多くの説話に登場し、例えば意宇郡母里郷(現在の島根県安来市)の条には「越八口」を大穴持命が平定し、その帰りに国譲りの宣言をしたという説話がある。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より

大国主は縁を結び和と豊穣をもたらしてくれます。水を感謝とともに味わってください。
できれば湧き水を飲みましょう。身体で大地のバイブレーションを感じましょう。

ん~っ、このカードも意味的にわからなくないけど喉が渇いて水を飲み干したところ…(笑)