Daily Archives: 2017年2月5日

その後は

IMG_5324

IMG_5325

六道珍皇寺って事になるんでしょうかね?六道珍皇寺といえば、
何といっても、小野篁(おののたかむら)。
現世と他界の境にあたると考えられる、「六道の辻」
でも、閻魔大王像や小野篁像は、開帳はされるものの撮影禁止。
この日は素通りです。夏のその時期なら立ち寄ったかも(笑)
IMG_5327
ちょっと行くのが遅すぎた六波羅蜜寺。
でもこの日は、前々から行こうと思ってた日でした。
IMG_5326
行事が終わってお帰りのようでした。
空也上人像観たかったのに残念でした。
IMG_5334
私が欲しかったのはこれ。
おみくじなんですが、四柱推命のおみくじ。
節分で新しい年になりますから売り出しの日で行列でした。
ネットからも買えます。
これを3枚購入。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_5331IMG_5332
近くでお茶を飲みながらざっと見る。
IMG_5336

5日に出てきたPokémon

Screenshot_2017-02-05-18-29-23

歩けばあたった安井金比羅宮

IMG_5307
八坂神社をあとにして歩いていると崇徳天皇御廟 安井金比羅宮の近くだった。
崇徳天皇御廟と書いた石碑が立っている。保元の乱で破れ讃岐の地に流され亡くなった崇徳天皇の御遺髪が埋葬されている場所である。怖い怨霊として恐れられた天皇。

崇徳天皇は1156年(保元元年)保元の乱に破れて讃岐の国に流され、そのまま彼の地で亡くなった。この御陵は、天皇の寵愛が厚かった阿波内侍が御遺髪を請い受けて、霊を慰めるべくこの地に塚を築いたものである。しかし、その後天皇の怨霊は猛威をふるい、平清盛の死もその祟りと言われる。人々は、この地に諸堂を建ててその怒りが鎮まるのを願ったが、今ではこの廟を残すのみとなっている。

歩いてみるといろいろわかりますね。
IMG_5308
なんか聞いたことあるんやけど、ってことで観てると思い出しました。
最強の縁切神社はここ!京都にある『安井金毘羅宮』です。
1177年に崇徳天皇をお祀りしたことが由来の安井金毘羅宮。
崇徳天皇は、色々悲しい出来事があり、悪縁を金毘羅宮で一切断ち切ったと言われています。
その崇徳天皇を御祭神としてお祀りすることにより、崇徳天皇が悪縁をたちきってくださいます。

IMG_5309
子どもの頃 お正月の飾りによくこういう柳?
を見たのを思い出しました。
IMG_5315
ここ 何かのツアーで観たことありますわ。
縁切りしたい人と縁を切り、結ばれたい人と結ばれる。

IMG_5317
凄い量ですよね。
この中をくぐって戻ってくるようです。
IMG_5322
我が家はまったく何もしませんでしたが。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村