Monthly Archives: 2月 2017

頂き物 ほか

IMG_5424
お友達よりの頂き物。
ひし形になったひなあられ。これはポイントが高いな~^^
IMG_5426IMG_5428
こういうお菓子も隠れていて楽しめそうです。感謝。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_5432IMG_5433IMG_5434IMG_5435IMG_5436IMG_5437IMG_5438IMG_5439
17日は、気分的に疲れてたのもあって、雨降りなので駅に娘を迎えに行った帰り手軽に回転寿司(笑)

Screenshot_2017-02-18-13-05-52Screenshot_2017-02-18-13-12-37Screenshot_2017-02-18-13-25-37
本日getしたPokémon

金と銀

Screenshot_2017-02-05-18-29-23Screenshot_2017-02-17-13-20-16Screenshot_2017-02-17-13-22-37Screenshot_2017-02-17-13-23-34Screenshot_2017-02-17-13-37-25Screenshot_2017-02-17-13-39-06Screenshot_2017-02-17-13-39-53Screenshot_2017-02-17-17-06-40Screenshot_2017-02-17-17-12-11Screenshot_2017-02-17-17-15-10Screenshot_2017-02-17-17-17-03Screenshot_2017-02-17-17-27-23

Screenshot_2017-02-10-17-26-00

今日から新しいPokémonが出現。
正直なもので あちらこちらのスポットで花吹雪。
でも私の場合、午前中は、ソフトの更新だけで
まともに動いてくれなかった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

午後から職場には、中小企業診断士という人が入った。
要するに経営者側から 仕事量に応じては、人件費削減という事だ。
作ってるものについて説明したら「それの枚数は?」と。
1枚だったら10分で出来るとでも言いたげ。
どれだけの労力が掛かってるのか、わからないのか?
「これを作るのにこれだけ時間が掛かります」って言ったとしたら
無能扱いだろうか?と考えてしまう。
あくまでも経営者の立場から考えるのだから
今いる人にとって、良いとは言えない結果になると思う。

出かけず

IMG_5414
思いっきりほおばるhaku
寒波が来てるということで出かけず(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

全く何度も行ってるのに知らなかったこと。
元町の商店街の外灯が「すずらん灯」と言われるすずらんの形になっていること。
これがシンボルとは知らなかった。
そして大名行列が通る道でもあったそうです。

回転寿司三昧の日だった

IMG_5408IMG_5409IMG_5410IMG_5411

9日は、午前中休みにして母の病院に付き添う。
先生が、「娘さんは?」と聞いたらしい。
何か話でもあるのかと思ったのだけど、足は以前よりよくなっているし、特には問題なさそう。
ただ肩の骨が変形してきていて水が溜まっているため、注射器に2本半とり、その後薬を入れていた。
そういう感じで様子をみないといけない状態らしい。
考えたら、80過ぎた老人をひとりで通わせてるのだから、たまにはついて行くのは当然のことなのです。
休みが取れる時は、付き添いたいもの。
その後、ランチも回転寿司、午後も雨なので回転寿司(笑)

IMG_5412
当たったおもちゃ。
でもこれは、我が家には不要だわ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

8日のこと

IMG_5396
8日珍しくランチにグラタンを食べた。
IMG_5398
フォカッチャと一緒に頂く。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_5400
帰宅したら娘が和菓子を買っていてくれた。
休日だったのにわざわざ出かけてくれたようだ。
IMG_5404
これはバレンタインのセットらしい。
確かにハート、そしてバラになっている。
アクセントはこの金箔だろうか?
これが私の夕飯となりました。(笑)

その後、お線香を買いに行って、昨年亡くなられてた裏の奥さんにお供えにしてもらった。
ご主人が「今日が命日でしたよね?!」と言ったら、驚いた顔をされていた。
まさか私の誕生日とは夢にも思うまい。
お供えは迷惑かなとも思ったりもしたのだけど、私の中では気分が楽になりました。

IMG_5387

6日だったかな?あんまり汚いわと思って洗車したら、
車が動いてるのではないのに動いてるように見える錯覚。
気分悪い(笑)
人がやってくれるところに行くと加工を勧められるので
普通に洗車機使用しました。
しなれないことをしたら、夕方から雨でした(笑)

なごみ

DSC_0011

5日のこと、娘が大阪に行った後にこれが届いた。
娘たちから私の誕生日のお祝いだったようです。
ただし まだ使っていない。
7日には、知り合いから「明日誕生日だったよね?おめでとう」というメールが届いた。
覚えていてくれるってのがちょっと嬉しかったり。
だって年に1度メールするかしないかの人だったから。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

「堂々と私の姉で居てください」
ふと弱音を弟に言ったら、弟がそう言ってくれた。
自然と涙が出てきた。
その一言で頑張れる気がする。

神戸大丸で

IMG_5356

4日のランチ

IMG_5357

IMG_5359

IMG_5360

これは麦が入ったパンだった。

IMG_5361

IMG_5362
IMG_5365

この日の娘たちの食べること。デザートは、私は食べず。

IMG_5363
私のお茶はこれ。
チャイを注文してたのだけど 周りを見るとこれを飲んでる人が多くて、飲んでみたいと(笑)
スイートフルーツティー これ美味。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

その後、ブルガリへ。

IMG_5366IMG_5367IMG_5368
気が付いたら 娘が大厄。
母が私にしてくれたように 私も身につけられるものをと
考えていました。
七色のものをと思っていたのですが(昔は帯締めや帯揚げが多かったようです)、ネットで気に入ってたこちらを勧めました。
お気に入りを選ぶのが一番ですね。

梅 ほか

さぁ、帰ろうかとチョロチョロ歩いているとIMG_5340
今年初 梅を観ることができました。
IMG_5341
何の店?と思ったら大丸からの出店。エルメスです。
京都になるとエルメスもこうなる。
IMG_5342
そして ほんまの芸妓さんたちをみようとカメラの数の多いこと。
このおじさん達の追っかけに私は笑ってしまった。
素早いし、とにかくすごいのです。
これっておじさんにピントあってません?K娘撮影(笑)
IMG_5347
IMG_5349
節分の日の芸妓さんは、とても忙しいのだと思う。IMG_5350
このような異装を行うのは、違う年齢や違う性など「普段と違う姿」をすることによって、
節分の夜に跋扈するとされる鬼をやり過ごすためである。
立春前夜は、暗い季節(秋・冬)と明るい季節(春・夏)の変わり目である。
また旧暦では年の変わり目である1月の始まりもおおよそこの頃であり、
方位神が居場所を変えるなど、古い年から新しい年へと世界の秩序が大きく改組される不安定な時季と
信じられた。
この様な時季には現世と異世界を隔てる秩序も流動化し、
年神のような福をもたらす存在が異世界からやってくる反面、
鬼などの危害をもたらす存在もやってくるとされた。
そこで豆まきなどの追儺儀式が行われるが、お化けもまたそうした儀式のひとつである。
IMG_5345
K娘撮影。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_5354
これも観たかったのよ。
佐川急便。
IMG_5352
あるのは知ってたのだけど どこにあるのか知りませんでした。
楽しかったです。

子育て幽霊さん

さて帰りましょうと歩いているとこちらも行きたかったお店。
IMG_5330
こちらも前々から行ってみたかったのです。
IMG_5328IMG_5329
麦芽水飴と砂糖で作られてるそうです

IMG_5355[1]
お店の方が言うには「いくら食べても太らない」と(笑)

ある夜、店じまいした飴屋の雨戸をたたく音がするので主人が出てみると、青白い顔をして髪をボサボサに乱した若い女が「飴を下さい」と一文銭を差し出した。
主人は怪しんだが、女がいかにも悲しそうな小声で頼むので飴を売った。
翌晩、また女がやってきて「飴を下さい」と一文銭を差し出す。
主人はまた飴を売るが、女は「どこに住んでいるのか」という主人の問いには答えず消えた。
その翌晩も翌々晩も同じように女は飴を買いに来たが、とうとう7日目の晩に「もうお金がないので、これで飴を売ってほしい」と女物の羽織を差し出した。
主人は女を気の毒に思ったので、羽織と引き換えに飴を渡した。
翌日、女が置いていった羽織を店先に干しておくと、通りがかりのお大尽が店に入ってきて「この羽織は先日亡くなった自分の娘の棺桶に入れたものだが、どこで手に入れたのか」と聞くので、主人は女が飴を買いにきたいきさつを話した。
お大尽は大いに驚いて娘を葬った墓地へ行くと、新しい土饅頭の中から赤ん坊の泣き声が聞こえた。
掘り起こしてみると娘の亡骸が生まれたばかりの赤ん坊を抱いており、娘の手に持たせた三途川渡し代の六文銭は無くなっていて、赤ん坊は主人が売った飴を食べていた。
お大尽は、「娘は墓の中で生まれた子を育てるために幽霊となったのだろう」と「この子はお前のかわりに必ず立派に育てる」と話しかけると、娘の亡骸は頷くように頭をがっくりと落とした。
この子供は後に菩提寺に引き取られて高徳の名僧になったという。
wikipediaより

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

お土産としては有名で、一度行ってみたいと思っていました。
行けてラッキーです。

その後は

IMG_5324

IMG_5325

六道珍皇寺って事になるんでしょうかね?六道珍皇寺といえば、
何といっても、小野篁(おののたかむら)。
現世と他界の境にあたると考えられる、「六道の辻」
でも、閻魔大王像や小野篁像は、開帳はされるものの撮影禁止。
この日は素通りです。夏のその時期なら立ち寄ったかも(笑)
IMG_5327
ちょっと行くのが遅すぎた六波羅蜜寺。
でもこの日は、前々から行こうと思ってた日でした。
IMG_5326
行事が終わってお帰りのようでした。
空也上人像観たかったのに残念でした。
IMG_5334
私が欲しかったのはこれ。
おみくじなんですが、四柱推命のおみくじ。
節分で新しい年になりますから売り出しの日で行列でした。
ネットからも買えます。
これを3枚購入。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_5331IMG_5332
近くでお茶を飲みながらざっと見る。
IMG_5336

5日に出てきたPokémon

Screenshot_2017-02-05-18-29-23