Category Archives: グルメ

ポポラマーマでランチ

IMG_6515
17日のこと、大阪に到着したらお好み焼きの予定だった。
だけど、平日でもなく、とんでもない行列でとっとと諦めた。
このサラダも美味。ドレッシングも良いし、野菜もシャキシャキ。
IMG_6517
問屋さんのお店近くに このお店があったのでこちらにした。
リーズナブルな値段。それでいて美味。
これは、辛いの唐辛子マークがついてたけど、普通に美味しかった。スープスパです。 麺の具合も良かったですよ。
伸びてもなくて。
IMG_6518IMG_6514
ドリンクも充実。
私はラテとオレンジジュース。
IMG_6516
我が家近くに欲しいものだわ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

本日のhaku

IMG_6446
本日のhaku タルトを貰っている。
IMG_6456
Y娘がいるのでご機嫌です。
IMG_6441
今日のランチは煮干しラーメン
IMG_6444
おやつはタルト

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

帽子ピカチュウ

IMG_6437
もう少しでフウランが咲きそうです。
IMG_6438
なんという花なのか知らないのですが、職場の入り口レンガの
間からけなげに咲いてます。
IMG_6439IMG_6440
今日のランチ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

「サトシの帽子」をモチーフにした帽子ピカチュウの出現.
出会ったのに取り逃がしてしまった。
友達に伝えたら、イベントを知らなかった友達の方が2匹ゲット。明日からに期待かな。帽子ピチュウもいるらしいから
これも欲しいものですわ。
1499434601247
友達からの画像。

ひさびさ読書

DSC_00113
久しぶりに読書した。
本はいつも持ち歩いているが、これは、人からのお勧めなので
早々に読む。
娘の大学の学科は違うが、先輩の方の著書のようです。

「女は覚悟を決めなさい」黒川伊保子著 ポプラ社
人生に立ち向かうための脳科学

はじめに ~女性脳は天才脳である

第1章 まずは、脳の性差を知ろう
・男なんて、ウルトラマンにすぎない
・男には、目の前のものが見えない
・脳が見ている世界
・お絵かきの男女差
・男の子が、「働く車」を愛する理由
・男は、「自分」よりも「世界」が大事
・男が大人になるとき
・女たちの冒険

・「母にならない」という選択
妊娠、出産、授乳によって、女性は、今までにないホルモンの分泌の嵐に見舞われる。脳の信号処理の特性が変わり、味覚をはじめとする感覚器の様相も変わり、内臓の位置関係も変わる。 このため、性格も体質も出産前後で変わる。つまり、出産で、母親自身も生まれ変わってしまうのである。世界中のだれよりもわが子がかわいい。感覚地図に偏りが生じる。偏ったものの見方をする脳に変わるわけだ。「我田引水」ぶりがなければ子どもなんか育たない。産まないまま成熟した女性の母性愛は、偏りがなく惜しみなく社会に注がれる。古代からの宗教が巫女やシスターのように産まない女性を確保してきたのには、わけがあるのだ。

・夫脳との付き合い方
夫婦のエアコンの適温は一致しない。激しい恋に落ちてつがった夫婦ほど、いらだつ関係になる。夫が悪いわけじゃない。そういう相手を、優秀な女性脳ほど選んでしまう。どんな恋も永遠じゃない。互いの自尊心さえ傷つけなければ、やがてまた、いい友達に戻れる。←これは、非常によくわかる。

・この世で一番長続きする恋
恋が一番長続きするのは恋をしていることをその相手にも言わないことだ。ハグはしても、セックスはしない。だけど相手が大切でたまらない。そんな相手に発情していることを告げないという関係。
・不倫の恋からは一目散に逃げなさい

第2章 女性脳を飼いならせ
・女は「共感」のために会話する
・男は共感なんかしてくれない
・男は「素早い問題解決」のために会話する
・男性上司への提案が受け入れてもらった気がしない理由
・いきなり弱点を突かれたときは、喜ぼう
・なぜ、女性は共感したがるのか
・共感は知的行為の核
・女に「無駄話」はない
・「世界一、話がわかる女」になるのは意外に簡単

・男子の育て方、ワンポイントアドバイス
息子を育てることになったら、大きくなった息子でもしみじみと愛を告げて、惚れる目線で傍にいよう。まるで恋してすぐの女の子のように憧れと尊重視線で話をする。それと相談事を持ちかける。問題解決大好きの男性脳だから。男は褒めて育てる。

・女子の育て方、ワンポイントアドバイス
何かと声をかけて母親の行動の仲間にする。手伝ってもらう。

・母親の器を超えよう
人をとやかく言わない人は器も大きくなれる。

第3章 男にデキる女と言わせる方法

・地図が読めない女?
女性脳が理解しやすい地図と男性脳が理解しやすい地図が違う。すごろくのような楽しい地図だと女性脳は理解しやすい。

・男性脳の世界観の中で、もがくあなたに

・女にできないことなんてない
女性が自然にやる日常会話では、話が聞けない。ゆっくりと話初めて結論から伝えれば話を聞く事ができる。

・男性に道を教えるときの3つのコツ
・男性部下を育てるには、大局観を伝え、細かいゴール設定を
・うまく通じなかったら、全部ナビ側の責任
・女は答えを知っている
・話し始めはゆっくりと、質問したら3秒待とう
・結論から言う、数字を言う
・男はゴール志向型、経緯を話してもたいして意味がない
・優秀な専業主婦ほど、夫に軽んじられる理由
・女性脳は過去へのダメ出しに弱い
・結果的に悪かったときの男性脳を追い詰めてはいけない

・男を育てるときは、肝っ玉母さんになりなさい
結果にビビる男性脳を結果に一喜一憂して脅かしてはいけない。男を小さくしてしまう上に、信頼関係が結べない。

・女性脳は「寄り道」で活性化する

・男の買い物、女の買い物
仲のいいカップルでも買い物は別々に行くのが一番。 家具など、ふたりで選ばなければいけない時は、「時間差攻撃」がお薦め。

・男は「ぼんやり」で活性化する
・女の直感、男の直感

・天才になる方法
直感力と直観力を共に使える人が天才。 感じたことをどんどんことばに換えて、直感を生み出し、ときにことばを断って、直観で世界を観る。それが出来る脳の持ち主こそが天才。

・禅問答は、直観力を導き出すエクササイズ
男性には、追いつめられるとテストステロンが出るという癖がある。 テストステロンは、男性の生殖行為をアシストする下半身のホルモンだが、意識にも強く働き掛ける。闘争心を掻き立て、同時に好奇心を溢れさせて、恐怖心を軽減するドーパミンという脳内ホルモンを誘発する。

・ぼんやり男子は、出世する?
アインシュタインは5歳までしゃべらなかったとも言われる。理系の天才たちの多くが発話が遅く、発達障害を疑われたりした。ぼんやりは脳の癖。

・男相手に、「これしかない」のイチオシ提案は危ない
・見せ提案をつけてでも、複数提案の態にする

・男心の癒し方
ただ機嫌よく傍にいる。それだけ。

・肩書を越えた言動は、男たちの神経を痛めつける
・女が左遷されるとき
・組織論を知ろう
・リーダーになるのなら、被害者意識は見せてはいけない
・すべての男の母になれ
・オトナの女の迫力は、本人が思っているよりもある
・加害者意識が女を輝かせる

・女の道は、険しく、愛おしい第4章 女の38度線
一生をかけてキャリアを手にしていくビジネスウーマンだって、恋を捨てているわけがない。しかし、30歳を超えると年々脳の「恋力」が衰えていくので、なかなか「発火」しなくなる。キャリアを目指す女性たちは、結構うっかり30歳を超えてしまうわけで、恋に対する考え方を改めないと、家庭を手にするチャンスを失う。

・「運命の恋」適齢期
1度目は、28歳まで。その波に乗って30歳くらいまでに子どもを産むのが、脳には最も自然。それ以後、脳の「恋力」はゆっくりと下降線をたどりだす。ちなみに「運命の恋」適齢期は、40代にも訪れる。

・恋の仕組み
つまるところ、惚れる相手は相性最悪人間。気持ちはすれ違い、行動がすれ違い。互いの思いやりが届かない。惚れているのに言動には、イラつくし、無駄に不安にさせられる。だから抱き合って愛を確かめる。仲良しの夫婦は「恋の終わり」を「友情の始め」にうまく切り替えられる。

・恋には賞味期限がある
約三年。

・「運命の恋」は、25歳がピーク
・30代の恋
・いい女ほど、ダメな男に惚れる法則

・女の38度線
子どもを産まないままの女性は、38歳から41歳の間恋ができない。

・キャリアの絶頂で、子どもを持つこと
・キャリアシェアという考え方

・魅惑のバトラー制度
・子どもへの愛の前には、男なんて吹けば飛ぶ感想から言うと、まぁ察しのつく事を男脳、女脳という観点からみてるだけで特になるほど~とは感じない(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

DSC_0016
今日のランチ。明日も外食になりそうだ。

したたり

IMG_6433
今日の頂き物。
祇園祭りの限定菓子と聞いていたけど通常もあるような?
無題
黒糖大好きな人には、ぴったりかと。
それと茶会にもぴったりかと思う。
黒糖をゼリーにした感じ?でもお水にこだわってるようだし、
不老不死なんて言葉も付いてる。
工夫のお菓子のようですね^^
これなら私、1本でも戴けそうですわ(笑)
IMG_6432

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

DSC_0010
これは、先週同じかたに頂いた。

花は季節を忘れず

IMG_6415
今日、咲いてるのを見つけた。
IMG_6416
もうこのアジサイ 買ってから何年になるのかな~?
我が家では古株
IMG_6417
これも 超古い。後ろから水を差すようになっている。
IMG_6418
気が付いたら咲いていた。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
IMG_6421IMG_6422
作る人によるのかな?粉チーズだらけだった(笑)

今日は、鈍痛がする気が・・・
こうやって治っていくのか?

本日の夕飯

IMG_6412[1]

IMG_6413[1]

IMG_6414[1]
いろいろ考えてたのに頂き物があり、本日の夕飯となりました。
当分 ケーキは要らないと思われる。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

1498471439131
ぎっくり腰の具合は、車に乗ると痛いので
クッションを持ち込んで乗る。あと何日辛抱したら戻るかな?

手抜きだな。

20170623081111_IMG_6400
昨日、ミスドのカレーパンを娘が買ってきてくれていた。
朝食になった。
20170623175930_IMG_6401
夕飯は、くら寿司のウナギ丼
支払いの時に楽天ポイントで支払ったのでとてもラッキー。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

どうも1日座るのは、苦痛なので午前中、義妹の父が亡くなったのもあり、連絡が入るかもしれないので休み、這うようにして掃除した。気持ちはすっきり。
その後、ペインクリニックへ。
これでロキソニンを飲む量は減るな。
20170623183035_IMG_6403
友達が帰る時、兵庫区のお菓子で自分が気に入ってるものらしく
頂いてきたお菓子。
まさか、同級生のお兄ちゃんと話しをするとも思わず、
このお兄ちゃんとは、40年くらい会ってないと思うので
とても懐かしかった。それにお父さんに似てきたな~とも
思った。田舎はこういうところが面白いのかも。

食パン

20170618125705_IMG_6371
すずは、食パンに夢中。
20170618125806_IMG_6378
柔らかいところが好みのようです。
DSC_0005
神戸で行列の出来る食パンのお店。
比較的、垂水駅の支店では、買い易いそうです。
気になってるのが、ヘルシオかバルミューダトースターか。
美味しく焼けるのはどっちだろう?って事かな。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

20170618130132_IMG_6383
本日のhaku 元気。
20170618131449_IMG_6392
すずにシャワーしたら幼女になってしまった。(笑)
Screenshot_2017-06-18-00-13-28
今日アイテムで進化した。

本日和菓子の日

IMG_6360
毎日和菓子の日でも良いが、本日は和菓子の日
IMG_6362IMG_6364IMG_6365
水羊羹の後ろは、あげ饅頭。
これは、ゆずわらび餅
饅頭は食べてしまった(汗)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_6361
前に貰ったバックの方が良かったな。
今回のは、とても薄い生地です。そして小さなトート。