Category Archives: 京都

梅 ほか

さぁ、帰ろうかとチョロチョロ歩いているとIMG_5340
今年初 梅を観ることができました。
IMG_5341
何の店?と思ったら大丸からの出店。エルメスです。
京都になるとエルメスもこうなる。
IMG_5342
そして ほんまの芸妓さんたちをみようとカメラの数の多いこと。
このおじさん達の追っかけに私は笑ってしまった。
素早いし、とにかくすごいのです。
これっておじさんにピントあってません?K娘撮影(笑)
IMG_5347
IMG_5349
節分の日の芸妓さんは、とても忙しいのだと思う。IMG_5350
このような異装を行うのは、違う年齢や違う性など「普段と違う姿」をすることによって、
節分の夜に跋扈するとされる鬼をやり過ごすためである。
立春前夜は、暗い季節(秋・冬)と明るい季節(春・夏)の変わり目である。
また旧暦では年の変わり目である1月の始まりもおおよそこの頃であり、
方位神が居場所を変えるなど、古い年から新しい年へと世界の秩序が大きく改組される不安定な時季と
信じられた。
この様な時季には現世と異世界を隔てる秩序も流動化し、
年神のような福をもたらす存在が異世界からやってくる反面、
鬼などの危害をもたらす存在もやってくるとされた。
そこで豆まきなどの追儺儀式が行われるが、お化けもまたそうした儀式のひとつである。
IMG_5345
K娘撮影。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_5354
これも観たかったのよ。
佐川急便。
IMG_5352
あるのは知ってたのだけど どこにあるのか知りませんでした。
楽しかったです。

子育て幽霊さん

さて帰りましょうと歩いているとこちらも行きたかったお店。
IMG_5330
こちらも前々から行ってみたかったのです。
IMG_5328IMG_5329
麦芽水飴と砂糖で作られてるそうです

IMG_5355[1]
お店の方が言うには「いくら食べても太らない」と(笑)

ある夜、店じまいした飴屋の雨戸をたたく音がするので主人が出てみると、青白い顔をして髪をボサボサに乱した若い女が「飴を下さい」と一文銭を差し出した。
主人は怪しんだが、女がいかにも悲しそうな小声で頼むので飴を売った。
翌晩、また女がやってきて「飴を下さい」と一文銭を差し出す。
主人はまた飴を売るが、女は「どこに住んでいるのか」という主人の問いには答えず消えた。
その翌晩も翌々晩も同じように女は飴を買いに来たが、とうとう7日目の晩に「もうお金がないので、これで飴を売ってほしい」と女物の羽織を差し出した。
主人は女を気の毒に思ったので、羽織と引き換えに飴を渡した。
翌日、女が置いていった羽織を店先に干しておくと、通りがかりのお大尽が店に入ってきて「この羽織は先日亡くなった自分の娘の棺桶に入れたものだが、どこで手に入れたのか」と聞くので、主人は女が飴を買いにきたいきさつを話した。
お大尽は大いに驚いて娘を葬った墓地へ行くと、新しい土饅頭の中から赤ん坊の泣き声が聞こえた。
掘り起こしてみると娘の亡骸が生まれたばかりの赤ん坊を抱いており、娘の手に持たせた三途川渡し代の六文銭は無くなっていて、赤ん坊は主人が売った飴を食べていた。
お大尽は、「娘は墓の中で生まれた子を育てるために幽霊となったのだろう」と「この子はお前のかわりに必ず立派に育てる」と話しかけると、娘の亡骸は頷くように頭をがっくりと落とした。
この子供は後に菩提寺に引き取られて高徳の名僧になったという。
wikipediaより

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

お土産としては有名で、一度行ってみたいと思っていました。
行けてラッキーです。

その後は

IMG_5324

IMG_5325

六道珍皇寺って事になるんでしょうかね?六道珍皇寺といえば、
何といっても、小野篁(おののたかむら)。
現世と他界の境にあたると考えられる、「六道の辻」
でも、閻魔大王像や小野篁像は、開帳はされるものの撮影禁止。
この日は素通りです。夏のその時期なら立ち寄ったかも(笑)
IMG_5327
ちょっと行くのが遅すぎた六波羅蜜寺。
でもこの日は、前々から行こうと思ってた日でした。
IMG_5326
行事が終わってお帰りのようでした。
空也上人像観たかったのに残念でした。
IMG_5334
私が欲しかったのはこれ。
おみくじなんですが、四柱推命のおみくじ。
節分で新しい年になりますから売り出しの日で行列でした。
ネットからも買えます。
これを3枚購入。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_5331IMG_5332
近くでお茶を飲みながらざっと見る。
IMG_5336

5日に出てきたPokémon

Screenshot_2017-02-05-18-29-23

歩けばあたった安井金比羅宮

IMG_5307
八坂神社をあとにして歩いていると崇徳天皇御廟 安井金比羅宮の近くだった。
崇徳天皇御廟と書いた石碑が立っている。保元の乱で破れ讃岐の地に流され亡くなった崇徳天皇の御遺髪が埋葬されている場所である。怖い怨霊として恐れられた天皇。

崇徳天皇は1156年(保元元年)保元の乱に破れて讃岐の国に流され、そのまま彼の地で亡くなった。この御陵は、天皇の寵愛が厚かった阿波内侍が御遺髪を請い受けて、霊を慰めるべくこの地に塚を築いたものである。しかし、その後天皇の怨霊は猛威をふるい、平清盛の死もその祟りと言われる。人々は、この地に諸堂を建ててその怒りが鎮まるのを願ったが、今ではこの廟を残すのみとなっている。

歩いてみるといろいろわかりますね。
IMG_5308
なんか聞いたことあるんやけど、ってことで観てると思い出しました。
最強の縁切神社はここ!京都にある『安井金毘羅宮』です。
1177年に崇徳天皇をお祀りしたことが由来の安井金毘羅宮。
崇徳天皇は、色々悲しい出来事があり、悪縁を金毘羅宮で一切断ち切ったと言われています。
その崇徳天皇を御祭神としてお祀りすることにより、崇徳天皇が悪縁をたちきってくださいます。

IMG_5309
子どもの頃 お正月の飾りによくこういう柳?
を見たのを思い出しました。
IMG_5315
ここ 何かのツアーで観たことありますわ。
縁切りしたい人と縁を切り、結ばれたい人と結ばれる。

IMG_5317
凄い量ですよね。
この中をくぐって戻ってくるようです。
IMG_5322
我が家はまったく何もしませんでしたが。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

華やかに

IMG_5227
謙虚に後ろ姿から。
IMG_5233
八坂神社です。
IMG_5276
本日は、有給休暇。(良い言葉(笑))
2017-02-03 15.01.40

IMG_5288
IMG_5306
華やかな豆まき。
IMG_5299
昼からのお出かけだったので舞台近くは満席。
少々離れたところから観させて頂きました。
IMG_5191

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_5194
こちらでお豆を購入。
福引券で当たったのはドレッシングでした(笑)
2017-02-03 14.34.16
2017-02-03 14.33.382017-02-03 14.34.11

IMG_5192
これも釣り上げるおみくじでしたよ。

マシュマロ入りの…

IMG_4924
7日 何を食べたのかと思われる方もいらしゃるかと(笑)
博物館に隣接している茶店で 私は明太子スパ。
IMG_4926
K娘は 胡椒の効いたペペロンチーノ。
IMG_4928
デザートに選んだのは、マシュマロ入りのこちら。
K娘はロイヤルミルクティー
IMG_4929
私は抹茶ラテで。
マシュマロ入りってのがどういう感じなのか
試してみたかったんですよね。
まぁ、これはこれでありかと思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

Screenshot_2017-01-07-21-23-12
京都生まれのPokémonもゲット(笑)

京都国立博物館へ

IMG_4914
7日のこと、目的地の隣に、
友達と行こうと誘われていた博物館があります。
立派ですよね。ですがこちらは出口。
(実際は明治古都館正門です)
IMG_4918
次はどこに立ち寄ろうかと思ったのですが、次いでなので
行っちゃいました。ごめんよ~(友達にです)
IMG_4917
値段が安いと思ったら平成知新館の2Fまでしか観れません。
帝国京都博物館なのですね。立派な建物です。
IMG_4920
こちらの中の方が観たいですね(笑)
IMG_4922
真ん前に京都タワーが観えます。
zu
展示の仕方も素晴らしく 良い時間が持ってたと思います。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_4931
帰宅時はライトアップされていた噴水あたり。
IMG_4935
噴水で結構楽しんだような(笑)
IMG_4942
IMG_4943

IMG_4947
また来ますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

お出かけ日和 豊国神社

この連休の中では今日がお出かけ日和と
天気予報では言ってたので、どうしようかと思案する中
気になるところへ出かけた。
IMG_4895
京都 豊国神社です。
IMG_4896
出世を望んでる訳でもないのですが、
刀剣女子には人気の神社とか。
ほんとは、18日に御朱印をもらうと秀吉の月命日なので
限定の御朱印が貰えるようです。
IMG_4911
こちらが道に面した鳥居ですが、ツアーなんだろうか?
若者が一杯でした。
IMG_4901
そして国宝の唐門。
正直なところ 見どころはこれだけです。
本殿が質素なので。
大坂夏の陣にて豊臣宗家が滅亡すると、徳川家康はすぐさま秀吉の神号を廃し、
豊国廟もまた破却。
この唐門は、元は伏見城の城門であったという説と、
かつての豊国廟の門であったという説がある。
IMG_4903
観たかったのが、伝説的彫刻家、左甚五郎作の「目なし鶴」
IMG_4902
あまりに良い出来栄えであった事から、完成させると飛び立ってしまいかねず、あえて目を入れなかったらしいです。
IMG_4905
そして出世を意味する「鯉の滝登り」
正月の三が日ならこの門を通ることが出来るようです。
通れば出世出来るとか。
IMG_4906IMG_4907
左は、絵馬的なものでしょうか。こちらでは瓢箪です。
IMG_4909
手水口もユニーク
IMG_4910
茶人でもあったからでしょうかね。
水差しになっているように思います。

IMG_4908

豊国神社の地続きに方広寺
といってもこの鐘楼くらいしかない。
これが闘いの発端ともなった鐘楼なのか。
昔は大仏があったそうですよ。とてもそうは思えないです。

IMG_4948
私がお土産にしたのはこれ。
昨年から次々と値付けがとれてしまい、
無残な事になってました。
IMG_4949
私の足につけました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_4913
これが若い人達が行列になっていた御朱印。
ゲーム、アニメ等の人気はすごいですね。
命日にあたる9月18日には特別な御朱印になるようです。
IMG_4900
ちなみにその刀剣は観れないのですが、
ファイルは売ってます(笑)
この御朱印帳も人気で入手不可が続いてるようです。
骨喰藤四郎の御朱印帳
この画像を観て 私も欲しいと思いました(笑)
京都刀剣御朱印めぐりのこちらでは、
骨喰藤四郎(ほねばみとうしろう、脇差)
実際は、大坂夏の陣に際し、堀中から無傷で回収した
薙刀直しの名物骨喰藤四郎も、
江戸城明暦の大火で焼け、
後代の康継によって焼き直された。
IMG_4899
ちなみに私が気になったのは宝物殿にあったこれ。
乳母車。
しかも海外から戻ってきたもののようなことを
書いてあったと思います。
これに秀吉の息子は乗っていたって事でしょうかね?

IMG_4912
豊臣秀吉の朝鮮侵略の時、武将が戦功の証拠として朝鮮人戦死者の
耳・鼻を塩漬けにして持ち帰ったというもので
1597年に作られたとされる耳塚が境内から見えます。
しかも今は公園で、その前で子供たちが遊んでます(苦笑)
秀吉ゆかりの地でした。

国宝三唐門は、西本願寺、豊国神社、大徳寺にあるようです。
ここだけ行ってなかったのですが、大徳寺も30年以上行ってないので、
行けたらまたお出かけしたいものです。

高台寺七夕会は2日から

IMG_3356

2日は午前中仕事、午後からは田舎に弟と帰って
母を見舞い、その後戻ってからふらりと京都へ。

IMG_3310

時間短縮で新幹線利用。
ちょっと贅沢してしまいました。
IMG_3312
八坂神社の境内を通り、そういえば昨日夏越の祓をニュースで
見たように思うのですが(笑)

IMG_3313

ねねの道を通り高台寺へ。
IMG_3317

七夕飾りが沢山です。高台寺七夕会は2日から。

IMG_3331

蒸し暑い日でしたから京都は夜のお出かけが良いですね。
IMG_3330

ひさしぶりに高台寺へ来ました。
IMG_3327

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_3352

夕飯はかなり遅くなりましたが おかるのカレーうどんチーズ入りで。
暑くても熱いものを食べます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

IMG_3300

IMG_3303

このお天気で風蘭が開花です。
仕事の帰宅時に気づいたので撮影。良い香りです。

IMG_3349

おまけ画像 この時間なので
ぜったいもどきじゃない舞妓さんやと
思いました。

ちゃんどん

IMG_2533[1]

5日は京都に行ったら最近は立ち寄ることにしている十兵衛へ。
この画像はラーメンではなくうどんです。

IMG_2537[1]

こちらはK娘の山菜ちゃんどん。

IMG_2541[1]

天ぷらがまったく見えないですけれど 私は天ぷらちゃんどん。
麺の量はおそらく通常の1.5倍はあると思うんです。
これを全部食べるとおなかパンパンです(笑)

IMG_2542[1]

生姜とレモンで頂きます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

持ち帰りにはきつねうどんを6パック(笑)
これがお得なパックで絶対持ち帰りしないと損だと思います。
今回は出汁が辛く感じました。
おそらくきつねうどん用ではなかった気がします。
あまりテーブルが空いてても案内されないし要領の悪い店だと毎回思うのですけど 今回も違わずそうでした。
でもお味は抜群。満足です。

帰宅時に ナビが新しくなったので新しい道を見つけてもらえてラッキー。前回だと京都南インターまで戻ってから帰宅だったのですが、今回は京都縦断道をさしてくれていてそちらから帰ることが出来ました。